不動産屋を始めたグランマの 絵本創作と不動産の話

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

空に続く坂  ②

駅前広場には

人が両手を広げたように

右と左に道がわかれています。

右は国道に続く道ですが、

左は高くて険しい坂がまっすぐ続いています。

ふ~ちゃんは道路にほおづえついて坂を見あげました。

 

「きれいですな~。

桜はどの木も花が重なって

いくつもの灯りのようでして。

いまのこの日は

この世の幻想世界の気配といえます」

ふ~ちゃんの頭に登っていたありんこ博士が

坂をながめて言いました。

すると、

「博士よ、ちいっとはおれにも

わかるっさーのようにはなせ」

と、

ごろつきにゃんが怒って

彼をつめでピンタしようと前足を上げたとき、

「行くよ、坂の上まで」

ふ~ちゃんがいきなり立ち上がって歩き出しました。

 

ありはふ~ちゃんの髪の毛に、

猫は傷ついた足を地面にちょっとふれると

すぐあげて

おかしな格好でついてきました。

 

春爛漫、

風が時々浮かれ気味に

人と道の隙間や

人と人の隙間を

走っていきます。

 

おひさまが輝いています。

 

両側に桜の木が頂上まで続いていて、花は満開。

木にも道にも人の肩にも、

ひらひらな桜が舞い降りていました。