不動産屋を始めたグランマの 絵本創作と不動産の話

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

空に続く坂 ③

坂の入り口に来て、

陽が頂上の桜の木の間から

まぶしく坂の下まで降り注ぐので、

ふ~ちゃんは

手をおでこにかざして坂の上を見上げました。

坂のてっぺんの空が

四角だとしたら

4つの頂点まで

碧が塗りつぶされて

隙間が見えません。

空とてっぺんはいっぽん線で繋がっています。

 

「それにしても、この上なくたまらない」

ありんこ博士が

あんまりまぶしいので

太陽に背なかを向けて

言いました。

どこからかわかりませんが

カラスが飛んできて、

「私が帽子になるので、その手かざしはいらないカッカッガ―」

静かに

ふ~ちゃんの頭の上に降り立つと、

体をまーるく曲げて

ひょんと横になり、

ゆっくり羽を広げて

帽子のつばをつくりました。

「ありがとね。黒カラス」

博士が、

「いうならばです、カラスに赤は非存在の実存です。

限界のない黒の宇宙で黒と言う意味は無意味です」

「博士よ、ちい―っとは

おれにもわかるっさー

となるように言えい」

ごろつきにゃんが

怒って、

カラスとふ~ちゃんの髪の間にいる博士を

爪ではじき出そうと

飛び上がりました。

すると地面から空へ向かって風がひと吹きし、

たくさんの花が木から離れて舞い降りてきました。

「行くよ、上まで」

ふ~ちゃんが天に向かって言いました。