不動産屋を始めたグランマの 絵本創作と不動産の話

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

空に続く坂①

不動産屋さんのお仕事がんばってます。

先日は短期保険の代理店にもう一件なりました。

また、家賃保証会社2件と代理店契約をしました。

 

仕事頑張ったりしていて、ふっと一息ついたとき、

いつも何か書きたいなあって思いはじめるんです。

で、書きはじめました。

 

「空に続く坂」 ① 

 

ふ~ちゃんの家は駅前のラーメン屋さんです。

ふ~ちゃんは家の前のとおりにゴローンと寝転がるのが大好きです。

なぜ?

って理由はたくさんありますが、

その一つ、

友達になった ありんこ博士 と ごろつきにゃん 

が話しかけてくるからです。

きょうもふ~ちゃんはラーメン屋と店の前のバス停のあいだを

おむすびころりんのようにコロコロころがり始めました。

「今日もあーあー、ふーちゃんの洋服がだいなしだ」

と市立病院行きのバスを待ってるおじいさんが言いました。

「ふーちゃんあんたもすきねえ。起き上がってこれでもおたべ」

とバス停で次に並んでいるおばさんがクッキーと濡れティッシュ―をくれました。

「ありがとう」

ふ~ちゃんは寝転がったまま、

手だけ伸ばしてお菓子をもらい口の中に入れようとしたとき、

背中のあたりから声がしました。

「ちょっとー、ちょっと、ストップ。私をしたじきにしないでくださいよ」

ありんこ博士でした。

「ごめん、これあげる」

ふ~ちゃんはクッキーのかけらをぐしゃぐしゃとつぶすと

手を逆さにして道路に落としました。

「ああ、あぶなかった。

もう少しでふーちゃんに殺されるところでした。

さきほど仲間のありたちが中学生の軍団に踏みつぶされてひどい目にあったばかりで。

気をつけてくださいよ」

ありんこ博士はうつぶせになったふ~ちゃんのおなかあたりにくっついてクッキーを食べ始めました。

そこへごろつきにゃんがやってきて、

「いいにおいがただよっていまっさー。ごろにゃん」

ふ~ちゃんの手をペロッとひとなめしてから

クッキーをぺちゃぺちゃクチャクチャ食べはじめました。

「ごろつきにゃん、耳が切れて血がついてる。あっ、足も毛がなくなって血がついてるよ!」  

「見られてしまいやしたね、いや、ちょっと、おいらのねどこにやつがいたんで、けんかさ」

「ふーん、いたい?」

「いや、ねこってものは、人とはちがい傷もみた目よりいたくはないんでがんす」

ごろつきにゃんは、ぴちゃぴちゃとなめまわした足で顔をふきはじめました。

「けんかはだめ、ばい菌が入ったらたいへんだよ」

「ありがとな、ふーちゃん。しんぱいしてくれて」