不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

空に続く坂 ④

「今日もだね」

だんごやのおばさんです。

「おだんごたべなね」

みんなにおだんごを一本づつくれました。

「ありがとう、おばさん」

すわって団子を食べていたら、

泣き声が聞こえてきました。

目を凝らして

木の枝のほうを見ると、

あおだいしょうの白へびヘテロ🐍がいました。

「どうしたの?」

「とても悲しくて泣いているのです」

「なんで?」

「一緒に歩きたいのに、私には足がない」

「それがかなしいの?」

「その上、いつもこわがられて。

私はみんなとなかよくなりたい」

「私は転がるのが大好き。

足がないのもいいね。

ヘテロの目は優しいし大好きだよ」 

ヘテロにいいました。

ふ~ちゃんのうしろに隠れてた、

ごろつきにゃんがふるえて

「一緒におだんご食べよう。」

と声をかけると、

白へびヘテロはするすると道へ降りて来て🍡を食べました。