不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

東京交響楽団 ミロスラフマティアス氏との出会い

今から60年以上前に私におきたことです。

小学校5年前後1957年ごろから、

私は毎週日曜日7時半か?8時からかな?

黛敏郎さんの「題名のない音楽会」を見たあと、

東京交響楽団の演奏番組があり、それを聴くのが楽しみで

時間が来ると欠かさずテレビにかじりついていました。

昭和37年小学校終わり1958年頃でしたか、

 

交響楽団第1バイオリン コンサートマスターのミロスラフマティアス氏が

任期を終えて母国チェコスロヴァキアに帰るインタビューがあり、

楽しみだったし、寂しくなると彼に今までの御礼を込めて手紙を書きましたよ。

その年、中学1年1958年4月

彼から手紙が届き、

日比谷音楽堂で彼の最後のコンサートが開かれると日本語で書いてあり、

手紙の中にチケットが2枚入っていました。

しかも2階席の1番前の中央席でした。

当時の日比谷音楽堂は音響設備があまり良くなく、

日比谷音楽堂で音が一番よく響く席で楽団が見渡せる席は

2階真ん中と勝手に思っていましたので、

封筒のチケットを見た時の喜びは語りつくせませんでした。

中学1年でしたが、お土産を探し求めて銀座を歩き回り金色の塔を買いました。

コンサートが終わり、楽団員が帰る通路を教えてもらい、

そこで、チケットの御礼とおみやげを渡そうと待ちました。

長い時間でした。

みんなが帰ってしばらくすると

3~4人の大きな体格の外人たちと日本人が歩いて来て、

通りすぎようとしたとき、

私はうしろから背の高い外国人にとんとんと手を当てました。

彼は振り返り、私は、KUNIKO、と小さな声で言うと

笑顔で何か話かけて来て、

笑顔で握手し、私は緊張した顔のまま、

恐る恐るプレゼントを渡しました。

それだけのことですが、60年経った今でも鮮明に思い出します。

f:id:jmoms:20210724063756p:plainf:id:jmoms:20210724063839p:plain


 

その後東京交響楽団の番組は終わり、

長い月日が過ぎましたが、

日曜日の朝とミロスラフマティアスさんとの一瞬の出会いは

子供時代の貴重な過ぎ去りし日となり、

いつでも取り出せる心の中の引き出し入っています。

 

 

彼はご健在でしょうか?

 



 

 

冠動脈攣縮性狭心症ですが、毎朝のジュースで元気です

f:id:jmoms:20210723200656j:plain

今朝のジュースです。

モロヘイヤ、つる紫の葉、玉ねぎ大1/4、トマト少し、キューイ半分、枝豆昨日の残り、スイカお客様から頂いたものの最後の分、バナナ、ヤクルト野菜の粉末、グレープフルーツ1/4、グレープフルーツ還元ジュース、豆乳大匙7、酢大匙1、ヨーグルト市販。

水の代わりにグレープフルーツ100%ジュースを入れたので、甘かった。

甘いと美味しいと感じちゃいます(*^-^*)

f:id:jmoms:20210723200717j:plain

 

友だちねこ君④

「おれは夢があったから、どんな目にあっても耐えて来れた。

いつか、一度でいい。

ねこ君のようにあそこで寝てみたい、とね」

 

友だちねこ君は、

他の誰かに、じゃなくて、

自分にむけて、ゆっくりと声を出しました。

「夢が叶えば、、おれの夢はなくなる」

「次の夢を持てばいい」

「ねこ君は幸せねこだ。それ、出来る。

しかし、おれは、おれの夢はただ一つ。

おれの一生に、他の夢ってあるだろうか」

「ぼくはきみと出窓に行きたい」

「おれは、

雪の降る寒い冬も、

大雨でびっしょり濡れた日も、

えさがなくてひもじい日も、

夢をみて耐えた。

この夢がなくなったら、

今年の冬の寒さに耐えられない」

 

ねこ君は、

友だちねこ君の足元にうずくまって

静かに頭を伏せました。

「俺にとって、

夢は

死ぬときに一緒に持っていくもの。

叶っちゃいけないものなのさ」

「だから?」

ねこ君は哀しくなって尋ねました。

「だから、おれは、出窓にはいかない」

友だちねこ君はさらに、

「夢があれば、

元気は、おれについてきてくれるからね」

と笑顔で言いました。

 

ひと振りの風が玄関に降りて、

猫の通し口を揺らしました。

 

友だちねこ君は、

「ありがとな」

と、ねこ君の頭をひと撫でし、

それから、

「じゃあな」

と、

小さな出口を押して、

足と顔と最後に体を通して外へ出ました。

 

時間にすれば1秒か2秒でしたが、

友だちねこ君には一瞬と思えたし、

地球から見える

天の川に連なる惑星のひとつへ移る

長い時間のようにも感じました。

 

ねこ君は、

「僕が普通に過ごしていることを、

夢に持つ君がいたなんて、

感謝って、こういうことにするものなんだね」

と思いました。

友だちねこ君③

「こっちだよ」

ねこ君が友だちねこ君の背中を、頭でなでなでして、

「来て、」

と先へ行こうとすると、

友だちねこ君は、足が動きません。

玄関の銅像猫君の横で、

同じ立ち姿勢をとって、

「ちょっと、待ってくれ」

と、言いました。

 

風がひゅ~と玄関を通りすぎていきました。

 

「どうしたの?ぼくについて来て」

ねこ君は

友だちねこ君と出窓で寄り添って、寝てるところを想像しました。

楽しくなって、

「はやく、おいでよ」

廊下を走って居間のドアの前にぴょこんと座って、

ほころんだ顔と、かわいい仕草で呼びました。(=^・^=) (*^-^*)

それでも、友だちねこ君は動きませんでした。

 

やっと、低い声で、

「やっぱり、」

とだけ、言いました。

ねこ君は右足を上げて天を指し、

「お日様はまだまだ天から降りて来てるよ」

心配しないで、大丈夫だよと呼びかけようとしたら、

小さな声でしたが、はっきりと友だちねこ君が答えました。

「やめる」

「なにを?」

「出窓さ」

「どうして?」

「・・・」

「ゆめなんでしょ」

ねこ君はさっぱりわからなくなって、廊下の壁にぴゅーんと上がっておりました。

友だちねこ君②

ねこ君は起き上がって、背伸びをしました。

それからひょんと降りて窓の前に来ました。

「君の夢は簡単。僕の家へおいで。

この出窓で思いっきり寝ればいい。

ずっと寝てればいい」

「俺は毎日この舌と足で、毛づくろいはしているが、

のみはいるし汚い。それでもいいのか?」

「夢がそんなことで叶えられなくなるの?

ばかばかしい」

「おまえのお母さんに叱られる」

「お母さんは、

誰でも通れるように庭にけもの道を作った。

みんなが幸せになるのが好きなんだ。

怒るはずがない。こーっちへ来て」

ねこ君が居間を出るあいだに、

友だちねこ君は

ぴゅーんと足を大きく振って走り、

猫専用の通し口の前に、お行儀よく座って待ってました。

 

「ここからどうぞ」

ねこ君は

ドアの下の通し口の前で、右足を前に出して言うと、

友だちねこ君は

ゆっくりと頭を入れ、次に足を、最後に胴体が通し口を通過しました。

 

時間にすれば1秒か2秒でしたが、

友だちねこ君には一瞬と思えたし、

地球から見える

天の川に連なる惑星のひとつへ移る、

長い時間のようにも感じました。

 

中に入ると、友だちねこ君は、

 

「風の音が違う」

と思いました。

 

また、

 

「風が優しい」

とも思いました。

 

さらに、

 

「包むあったかさが漂っている」

と思いました。

 

「これが家というものか」

友だちねこ君は眼を閉じて、

この風とこの暖かさの中で大きく深呼吸しました。

友だちねこ君①

今日は会合があります。お客様に招待されました。日本の未来を考え、どうするかを3人の方がお話しされます。どんな話の進行が待っているか?興味津々です。

 

友だち猫君のストーリー構想を練っています。

前の作品「哲学が魚に」の題は「イワシがやって来た」に変更しました。

 

友だちねこ君 

 

 ねこ君は庭に面した大きな窓の横の小さな出窓が大好きです。

庭と通りが見えるし、お日さまもいっぱい射す場所だからです。

今日もねこ君は出窓で、

ゴローンとおなかをお日様にあてて、

足をまっすぐ延ばしてひと眠りしました。

 

ゆっくりと目を覚ましたあと、

いつものようにお庭のたくさんの小さな虫を見渡しました。

キンモクセイの木の下に

くろい山のような盛り上がりが見えました。

そこから長~い黒い一本の線がどこまでも続いていました。

目を凝らしてじっと見つめたら

アリがゲジゲジの死体を切断し、

列となってそれらを運んでいたのです。

よく見ると

大きなおなかをしたアリたちが

何も持たないで行列に加わっています。

「なんでゲジゲジを持たないで巣に帰るんだろう?」

ねこ君は不思議に思って

じっとアリを追って見てました。

 

するとどこからか声がしました。

「もりもりと食べて巣に帰り、

おなかから栄養分をだして貯蔵庫にためるのさ」

ねこ君は木の上、塀を見渡し、葉と葉の先に視線を向けると、

友だちねこ君が

あじさいの花の陰に居ました。

行儀よく座ってじっとねこ君を見ていたのです。

 

「なんで僕を見ているの?」

「そこは暖かいか?」

「そりゃあね。気持ちがいいところだよ」

「俺には夢がある」

「何の夢」

「そこでごろんとお日様にあたることさ」

「それが夢なの?」

「おれの寝床の材木の隙間にもお日様は降る。

しかし、そこでうつらうつらしてみたい。

おまえのように、ただ、ただ、ひと眠りしたいんだ。それが夢さ」

ビーツと玉ねぎと大根の葉のジュース

 

f:id:jmoms:20210708171226j:plain

7月4日のジュースです。

スマホで撮った写真は深い渋みかかった赤でとてもきれいでした。

この写真はちょっとで、お伝え出来なくて残念!

とても気に入った色。

飲んでしあわせって感じましたよ。

花もおいしかったです。

 

ビーツ半分、玉ねぎ半分、バナナ、トマト、大根の葉、

ハーブ?の葉、キャベツ、酢大匙1.5、ヨーグルト、

ニンジン、赤大根小、花(野菜農家さんが送ってくれたもの)

豆乳大匙6