不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

空に続く坂 ➄

「坂は山だ。とても険しくて登れない」

しばらく行くと、

家の中から声がしました。

「見上げると、坂の上の とそ神社の桜が

それは見事に美しい」

また声がしました。

寝たきりじいちゃんです。

窓に登った、ごろつきにゃんが

「一緒に行くかい?」

と聞くと、

「何年も寝たきりだが、、今日は坂を登りたい」

 

じいちゃんの横で

伏せていた大きな犬のちびが、

「お供しますよ」

尾っぽを振って吠えました。

「決まりだね。じいちゃんも一緒に出発だ」

ふ~ちゃんは

「えいつ!」

やったねポーズを出しました。

大きなちびが

カーディガンと杖を持ってきて、靴と帽子もです。

みんなで着替えを手伝いました。

すると、

ヘテロ

点滴棒にぶら下がり、

お尻を

じいちゃんのおなかに

まきました。 

「いーちにのさーん」

 

じいちゃんが

ベッドからでて立ったのは

何年ぶりでしょうか。

「拍手を送りましょう」

ありんこ博士が

足と足を重ねて叩くと、

「はかせよ、やっとおいらにもわかった」

ごろつきにゃんが

じいちゃんの足元に顔をすりすりしました。

じいちゃんは

窓際のベッドからいつも見ていた坂の上へ

ふ~ちゃんたちと一緒に歩き出すために足を前に出しました。

 

桜の花びらが、

じいちゃんの頭や肩に

ひらひらと

舞い降りてきました。

風がもっと暖かくなって

じいちゃんのせなかに吹き付けました。

「春の今日のこの日はとても美しい」

博士がふ~ちゃん髪とカラスの帽子の間から

歌うように唱(とな)えました。