不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

空に続く坂 終わり

「行くよ、上へ」

合図で

白へびヘテロは尾っぽをじいちゃんのおなかに回して,

坂をにょろにょろ上り始めました。

次に、ふ~ちゃんがじーちゃんのせなかをやさしく押しました。

次に大きな犬のちびがふ~ちゃんの背中を押しました。

次にごろつきにゃんが大きな犬のちびのお尻を押しました。

すると、

「ぷう~」

大きな犬のちびが一発大きなおならをしました。

みんな😩😩🙀(´;ω;`)ウッ…😩~>゜)~~~

{くさ^~いよ}

と片手を鼻に充てましたが、じいちゃんを押す手は離しません。

「くさ~い、くさ~い。この世の終わりのようなくささです」

ありんこ博士がカラスの帽子から一つ羽をいただいて、

うちわにして空へにおいを放しました。

カラスはふ~ちゃんの頭からゆっくりと降りてにゃんのお尻を押しました。

みんなで、

「えんやこ~ら、えんやこ~ら、おっとっと」

一生懸命押しました。

じいちゃんは、いっぽ、いっぽ、坂を上り始めました。

 

気が付いたら、みんな坂の上にいました。

ふ~ちゃんは道に寝っ転がって空を見上げました。

「ああ、またおんなじだ」

ふ~ちゃんが家の前で寝っ転がって見上げた

坂のてっぺんと、

一本の線で繋がれた空は、

とおくにあって手がとどきません。

空に続く階段もみつかりませんでした。

でもね、坂のてっぺんの神社の桜は

それは見事に咲きみだれていました。

薄桜色の花びらが空をひらひら、ひらひら舞い、

道は桜のじゅうたんができていました。

空はどこまでも碧く、

桜の木々や花びらのあいまから差し込む光はキラキラしていました。

「今日ここにこれて、ほんとによかった。みんな、ありがとう」

じいちゃんがはなびらを手にいっぱいうけて、おれいをいいました。

みんなも

「じいちゃんと来れてよかった。じいちゃんありがとう」

とおれいをしました。

「また、こよう」

ふ~ちゃんは道に寝っ転がって両手を空に差し向けていいました。

 

帰りは、

とそ神社のほこらに住むキツネが出て来て、

大きな犬のちびと並び

ヘテロが巻き付いて椅子を作りました。

じいちゃんはそれにすわってしゅっぱーつ。

ふ~ちゃんは道に寝っ転がって俵のように転がって坂を下りました。

「あぶないよ~、みなさんどいてくださあい」

ありんこ博士がごろつきにゃんの頭に載って交通整理。

いちもくさんに坂を走りました。

 

駅前にみんなで到着。

じいちゃんはふ~ちゃんちのラーメンをごちそうになって、

みんなにまた背中を押されて家にかえりました。

 

じいちゃんのばーちゃんが待ってました。

f:id:jmoms:20181022175715p:plain