不動産屋を始めたグランマの 絵本創作と不動産の話

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

童話 「門」 ②

彩子さんはお絵かき帖の一枚を切り取って月に渡し、隣に座りながら、二人の間に色鉛

筆を置き、片隅の曼殊沙華を描きだしました。月はのんを写生しました。しばらくする

と、あたりは紺碧に染まり夕暮れの時間になっていました。

「もう帰らないと」

月がいうと、

「そうね、私も」

彩子さんは言いながら、片付け始めました。

「明日は席替えがあるでしょう、月ちゃんの隣になるといいな」

「うん、彩子さんの隣の席になりたい」

「それじゃあ、あしたね」

「明日ね。どうもありがとう」

彩子さんがブリキの家の前を通って北の門をくぐって行くのを見送りました。

 

次の朝、学校はいつもと違う感じがしました。教室に入ると、彩子さんはもう来ていて、

「月ちゃん、おはよう」

と声をかけてきて、月は一瞬まごついたのですが、言葉が先に

「おはよう」

と出ちゃいました。そしたらなんか急に場違いな自分に会ったような思いがしてうつむ

いてしまいました。教室の友達はいつものように無視を続けています。

朝礼が済むと、

「昨日お話ししましたが、今日はクラス替えをします。好きな人どうしで座りますか?

それともくじで決めますか?」

先生が生徒に聞きました。みんなは

「好きな人どうしがいいです」

と口々に大声をあげました。

月は席替えが嫌でした。好きな人どうしで決める時は、いつも最後の机に一人で座

らなければならなかったからです。でも今日は違います。くじになりませんように、と

祈っていました。

「学年最後の学期です。良い思い出が作れるよう、先生は皆さんの意見に従いましょ

う。席替えは好きな人と座って下さい」

「月ちゃん、ここよ」

彩子さんが手招きした席に月は座りました。それは、月が家柄とか貧しさとかを自分か

ら外して、新しく歩いていく道へ続く門の扉が開いたときでもありました。