不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

魚が泣いた日⑩仮題

魚と、、詳しくは、イワシとの暮らしが今日から始まりました。

「居候させていただきます」

ほんと、驚きました。

全ての血液が逆流して体を走り、じーじと同じ心不全で死ぬかと思ったくらいです。

水槽のセッティングが終わり、一息ついたので、コーヒーを入れて飲もうとしたのです。

確かに聞こえました。

なんと言っているのか分からず、宅急便かと、

「はーい」

玄関を開けましたが、誰もいませんでした。

お隣がベランダに出ているのかもと窓を開けて、聞き耳も立てましたが、何も聞こえません。

「空耳?近頃は布団に入って、イヤホンかけて、音量大きくしてバッハ聴きまくっているでしょう、耳が遠くなっちゃった」

と独り呟いて、またテーブルに腰かけました。

「魚の私です。こっちです」

すると、再び声がしました。

瞬間視線を向けたいと思いましたが、

「それはダメ」

と、

辻さんは何気ない振りをして、その方向に30度顔を傾け、

まず天井へ視線を向け、次に床へ視線を落し、

それからゆっくりと右肩の先に視線を向けました。

なんと、水槽越しにイワシの顔がまっすぐ私を見つめているのです。

一瞬辻さんは「逃げる」と自分に命令しました。

しかし、すぐに「不自然はやめよう」と、

魚の視線を感じながら、

目をテーブルに移し、皿やカップを片付け始めました。

いつものように即興のリズムを口ずさみ、

洗い、拭き、それらを食器棚にしまい込んで、気が付かないふりをしました。

どれぐらい経ったでしょうか。

部屋は1LDK なので、ここに居ればどこからも水槽が視界に入ります。