不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

哲学が魚に③(仮題)

「あんた、上手だ、うた」

漁師さんが言うと、辻さんは微笑みました。

時間がどれぐらい過ぎ去ったでしょうか、

「その魚持ってけ」

漁師さんは顔を上げて辻さんに言いました。

「ありがとうございます」

足元の一匹を拾うと、

「もっと取っていいぞ」

と言って、

「船の中を覗いてごらん。中にバケツがある。それに入れて持ってけ」

ぶっきらぼうですが、あったかい声でした。

「ねこもたらふく食べて今度は鳥だ。食われる前に早くもってけ」

この漁師さんは、大漁の時は必ず

野の猫や鳥に福分けをするのだそうです。

気が付くと辻さんの横に猫が1匹、

目を閉じておなかの毛づくろいをしています。

辺りを見回すと数匹の猫たちがいました。

その姿はとても幸せそうです。

猫のお余りを頂戴し、

チャンスを狙って真上をグルグル飛びまわっている

鳥たちの分をかっさらう自分は人?

否、まさに猛禽類の仲間だった?

と考えたら

辻さんは、心がさっぱり、軽くなった気がしました。