不動産屋を始めたグランマの 絵のない絵本創作 

挿絵書いてくれる人募集します。連絡ください。

絵のない絵本「ぷーぴーガールズ そろって おしっこぴーなもデビュー」 いじめないよ ❸

ぷーぷくんはあさがだいすきです。

まどのすきまから、

おひさまがおはようと顔をだしてくれるのを

おふとんのなかでじっとみはっています。

 

ぷーぴーがひとつ、ぷーぴーが二つ、ぷーぴーがみっつ、ぷーぴーがよっつ、

ぷーぴーがいつつ、ああ、あさがきた。

 

「ぷーぷくんおはようございます」

おばあちゃんがごあいさつ。

 

「ぷーぴー」

ぷーぷくんもおばあちゃんにごあいさつ。

 

ぷーぷくんはまいあさ、

あさいちばんのぷーするまえに

おくちみがくまえに、

ごはんたべるまえに

おそとにとびだします。

 

あれっ、ふりかえると

ぷーぷくんのおばあちゃんがいません

 

いつもうしろにいるんです。

「おばあちゃ~ん」

 

ぷーぷくんがおおきなこえでさけんだら、

ぷーがひとつ、パンツからはみ出て、

ずぼんにしがみつきました。

 

ぷーぷくんはそのままこうえんにいって、

おともだちのあとにならんでぶらんこのじゅんばんをまちました。

 

「ぷーぷくん、なんかくさいよ」

「くさいよ。だめだめ」

「ここにならんじゃだめ。くさいよ」

ともだちはみんな、はなをつまんで

「ぷーぷくん、くさいよ」

「くさいよ。あっちいって」

 

ぷーぷくんが大きな木の陰にかくれると

 

いっぽんがきて

「だめだめ、みんななかよく」

うずちゃんもきて、

「なかよしはともだちだよ」

2うずちゃんもはしってきて、

「ともだちはやさしくね」

 

「でも、でも、くさいよぷーくん」

 

「ああ^^-!」

ぷーぴーガールズは6つのて✋でたっ~ち。

 

いっぽんが

ぽけっとから、ウエットティッシュをだしたら、

ともだちがおしりふきをてつだって、

 

うずちゃんがかわりのズボンをもってきたら、

ともだちがてつだって、

ぷーぷくんはにゅーのズボンをはいて、

 

2うずちゃんがふくろをもってきたら、

ともだちがよごれものをふくろにいれてくれました。

 

おばあちゃんがきて

「みんながやってくれて、おばあちゃんのおしごとなくなっちゃいました」 

 

えがおで、なかよく、てをあらって、

みんなでいえにかえりました。